電子タバコといえば、喫煙家が、少しでも減煙につながれば、いつか完全に禁煙できるかもしれない、と考えて始めるものというイメージがあります。そのため、タバコを吸っている気分になれるようにとタバコの形を模した物が主流ですが、そうなると完全に禁煙グッズということになります。タバコを吸う気はないけれども、ちょっと興味はある、という人も世の中にはいるでしょうが、そんな人にはいかにもタバコの形をした電子タバコは抵抗があるでしょう。そういう時にピッタリなのが海外からやってきた新感覚の電子タバコ、VAPEです。ちょっとしたペンライトほどの大きさがある本体にリキッドを詰めて使うのですが、本体にいろいろなカラーがあって楽しめる上に、自分流にカスタマイズもできてさらに楽しくなります。ニコチンなしの新感覚電子タバコは、タバコにちょっと興味のある人にもぴったりです。

周りに配慮できるタバコはVAPE

タバコを吸っている人の姿が格好良く見えるのは、バーなどでお酒を飲んでいる時などではないでしょうか。ただし、どうしてもタバコの煙は独特のニオイがありますし、副流煙が周りの人に健康被害を及ぼすことは、今ではもうすっかり常識になりました。周りの人から嫌われてもよいのなら別ですが、そこのところに配慮できることが人としてスマートである、と評価されることにつながるでしょう。そんなときこそ、VAPEの出番です。ニコチンを含まないVAPEの煙は完全に無害で、周りの人の健康を害することは一切ありません。たとえリキッドのフレーバーがタバコの銘柄であっても、ニコチンや副流煙の心配はないため、安心して吸うことができます。周りから珍しがられることも確かですから、この煙に害はないということと、これが周囲への配慮だということを話せば、一目置かれて見られるのではないでしょうか。

タバコを吸わない人のVAPEの楽しみ方

タバコを吸うのは体によくないとわかっているから吸わないけれども、実のところはちょっと興味がある、という人は意外と多いのではないでしょうか。そんな人にピッタリなのが、海外からやってきた新感覚の電子タバコのVAPEです。ペンライトのような本体に専用のリキッドを入れると、水蒸気の煙が発生します。これを吸ったり吐いたりすることでタバコを吸っている気分を味わうことができます。喫煙をしている人が禁煙のために用いる場合、リキッドの煙の軽さに物足りなさを覚えるらしいですが、タバコを吸ったことがない人ならその違いは判らないでしょう。むしろ、これがタバコを吸うという感覚なのか、と新しい発見がありそうです。煙はニコチンを含まない完全に無害なものですから、気分転換にたくさんあるリキッドを試してみるのも面白そうです。